Difference between revisions of "Source documentation/ja"

From FreeCAD Documentation
Jump to navigation Jump to search
(Created page with "その後でDoc/SourceDocu/html/index.htmlから始まる結果のhtmlファイルを調べてください。 (注意:DevDocターゲットは自動ツールビルドで...")
(Created page with "その性質上、ソースドキュメントは常に作業進行中状態にあります。よく起きることですが必要がある時にはためらわずに再ビル...")
Line 18: Line 18:
 
(注意:DevDocターゲットは自動ツールビルドでは有効になっていません)
 
(注意:DevDocターゲットは自動ツールビルドでは有効になっていません)
  
The DevDoc make target above will, if graphviz is installed on your system, generate a 2Gb+ volume of data. An alternative, smaller version (~500Mb), that is the version used on http://www.freecadweb.org/api/ can also be generated by issuing instead:
+
その性質上、ソースドキュメントは常に作業進行中状態にあります。よく起きることですが必要がある時にはためらわずに再ビルドを行なってください。もし明らかな不備を見つけた場合には遠慮無くフォーラムに投稿してください(注意:CMakeビルドプロセスでしか全体のチェックは行われていません)。
 
{{Code|code=
 
{{Code|code=
 
make WebDoc
 
make WebDoc

Revision as of 08:27, 5 January 2019

Other languages:
Deutsch • ‎English • ‎Türkçe • ‎español • ‎français • ‎hrvatski • ‎italiano • ‎polski • ‎português do Brasil • ‎română • ‎svenska • ‎русский • ‎中文(中国大陆)‎ • ‎日本語

FreeCADのソースはDoxygenを使って自動でhtmlのドキュメントを生成できるようにコメントがされています。

FreeCADの最新のSVN版を追従したい人、C++部分を読むことに挑戦する人がソースを読んでまず思うのはまるで強固な要塞でも見ているようだ、ということでしょう。どこから始まってどこで終わっているのか見当もつかないし、どこから手をつけたらいいかもわからないでしょう!

For those wanting to follow closely the latest development versions of FreeCAD, and who try to have a look at the C++ or Python parts, the first insight in the sources can give the feeling you're looking at an hedgehog: you can't discriminate head from tail and don't really know how to catch it!

In complement to this Wiki, the Source Documentation can hopefully alleviate this feeling, providing an entry point, and allowing for easy browsing through the dozens of files and directories.

ソースドキュメントのビルド

Doxygenをインストールしてあればドキュメントのビルドは非常に簡単です。FreeCADビルド用のディレクトリに移動してCMakeでソースを設定した上で次のコマンドを実行します:

make DevDoc

その後でDoc/SourceDocu/html/index.htmlから始まる結果のhtmlファイルを調べてください。 (注意:DevDocターゲットは自動ツールビルドでは有効になっていません)

その性質上、ソースドキュメントは常に作業進行中状態にあります。よく起きることですが必要がある時にはためらわずに再ビルドを行なってください。もし明らかな不備を見つけた場合には遠慮無くフォーラムに投稿してください(注意:CMakeビルドプロセスでしか全体のチェックは行われていません)。

make WebDoc

By nature, source doc is, and will ever be, work in progress. Don't hesitate to rebuild as often as needed. If you fall upon blatant inadequacies, feel free to post on the forum (note: It is really fully checked with cMake build process only).

As an alternative, the doc is generated from time to time and accessible on sourceforge here.

Here is another FreeCAD Doxygen documentation generate by qingfeng.xia.

Coin3Dドキュメントの統合

UNIX系ではCoin3DのソースドキュメントをFreeCADのものとリンクすることが可能です。 これを行うと移動が楽になり、またCoin派生クラスの継承ダイアグラムを作成できます。

  • Debianとそこから派生したシステムの場合:
- パッケージlibcoin60-docをインストール
- ファイル /usr/share/doc/libcoin60-doc/html/coin.tag.gzを展開
- ソースドキュメントを再生成
オフラインでのブラウジングができます。
  • もしCoinのドキュメントパッケージをインストールしたくない/できない場合、設定時(wget)にDoxygenタグファイルがダウンロード可能であればdoc.coin3D.orgにあるオンラインのCoinドキュメントへのリンクが生成されます。

How to integrate doxygen in to the FreeCAD source code

This is a Work In Progress. See Doxygen

Example of a complete doxygen page: (from another project)

doxygen: http://www.vtk.org/doc/nightly/html/classvtkArrayCoordinates.html

source: https://github.com/Kitware/VTK/blob/master/Common/Core/vtkArrayCoordinates.h