Start up and Configuration/jp

From FreeCAD Documentation
Jump to navigation Jump to search

このページには、FreeCADの最も重要な設定機能を起動するためのさまざまな方法を示しています。

コマンドラインからFreeCADを起動

FreeCADは、そのデスクトップアイコンをダブルクリックするか、スタートメニューから選ぶことで起動することができますが、コマンドラインから直接起動することもできます。そうすることで、デフォルトの起動オプションを変更することができます。

コマンドラインオプション

コマンドラインオプションは、頻繁に変更の対象となっています。そのため、次のように入力して、現在のオプションを確認することをお勧めします:

FreeCAD --help

コマンドの出力から、使用可能なパラメータを確認できます:

使用方法:
FreeCAD [options] File1 File2 .....
Allowed options:  

Generic options:
 -v [ --version ]      print version string
 -h [ --help ]         print help message
 -c [ --console ]      start in console mode

Configuration:
 -l [ --write-log ] arg    write a log file
 -t [ --run-test ] arg     test level
 -M [ --module-path ] arg  additional module paths
 -P [ --python-path ] arg  additional python paths
 --response-file arg       can be specified with '@name', too

responseとconfigファイル

FreeCADは、configファイルからこれらのオプションのいくつかを読み込むことができます。このファイルには、binのパスに配置し、FreeCAD.cfgという名前を付ける必要があります。コマンドラインで指定したオプションは、設定ファイルの設定よりも優先されることに注意してください!

一部のオペレーティング·システムでは、コマンドラインの長さが非常に短いという制限があります。これらの制限を回避する一般的な方法は、応答ファイルを使用することです。応答ファイルには、単にコマンドラインと同じ構文を使用するconfigファイルです。コマンドラインで使用するresponseファイルの名前を指定した場合は、コマンドラインに加えて、このファイルがロードされ、解釈されます:

FreeCAD @ResponseFile.txt 

もしくは:

FreeCAD --response-file=ResponseFile.txt

隠しオプション

ユーザには開示していないオプションがいくつかあります。これらのオプションは、例えばWindowsシステムで解釈されるX-Windowパラメータです。:

  • -display display, Xディスプレイのセット (デフォルトは $DISPLAY).
  • -geometry geometry, 表示している最初のウィンドウのクライアントの形状 .
  • -fn または -font font, アプリケーションフォントの定義。それらのフォントはXlogical font descriptionを使って特定されます。
  • -bg または -background color, デフォルトのバックグラウンドの色と、アプリケーションパレット(光と影が計算される).
  • -fg または -foreground color, デフォルトのフォアグラウンドカラーの設定
  • -btn または -button color, デフォルトのボタン色の設定
  • -name name, アプリケーション名の設定
  • -title title, アプリケーションタイトルの設定
  • -visual TrueColor, 8-bitディスプレイでTrueColor画面をアプリケーションを強制的に使わせる。
  • -ncols count, アプリケーションはQApplication:: ManyColor色指定を使用している場合は、8ビットのディスプレイ上の色のキューブに割り当てられた色の数を制限します。カウントが216である場合、6x6x6カラーキューブ(つまり6つの赤、緑、青のレベル)に使用され、その他の値については、2x3x1キューブにほぼ比例したキューブが使用されます。
  • -cmap, 8ビットディスプレイ上のプライベートカラーマップをアプリケーションにインストールして適用する。


ユーザーインターフェイスを持たないFreeCADを稼働

FreeCADは通常、GUIモードで起動しますが、コマンドラインから

FreeCAD -c

を入力して、コンソールモードで起動することもできます。コンソールモードでは、ユーザーインターフェイスが表示されません、そして、Pythonインタプリタのプロンプトが表示されます。そのpythonのプロンプトから、FreeCADGuiモジュールを除くFreeCADのすべてのモジュールやプラグインにアクセスでき、FreeCAD内部で実行されるPythonインタプリタと同様の機能を使用できます。 FreeCADGuiに依存するモジュールについても使用できない場合がありますので注意してください。


PythonモジュールとしてFreeCADを実行

FreeCADはPythonを使う他のアプリケーションの内部、または、外部のPython shellから、Pythonモジュールとして利用することができます。このため、主となるPythonアプリケーションにFreeCADのLIBSがある場所を知らせる必要があります。その最善の方法は、一時的にsys.path変数にFreeCADのlibパスを追加することです。以下に示すコードを任意のpythonシェルで入力すると、FreeCADをインポートし、FreeCADをコンソールモードと同じ方法で実行できるようになります。

import sys sys.path.append("path/to/FreeCAD/lib") # FreeCADのlibパスにしたがって変更してください import FreeCAD

一度FreeCADをロードすれば、あなたが想像できるいかなる方法を用いて、ホストアプリケーションと情報をやり取りできるようにするのは、あなた次第です!

設定のセット

毎回のFreeCADの立ち上げ時に、その環境とコマンドラインパラメータを調べます。これは、実行時の情報の本質を保持している '構成設定'を構築します。この情報は、後でユーザーデータファイルまたはログファイルを保存する場所を決定するために使用されます。それは、異常終了を分析するためにもとても重要です。そのため、それはログファイルに保存されます。

ユーザ関連情報

User config entries
設定変数名 概要 MSでの例 Posix (Linux)での例
UserAppData ユーザに紐付いたアプリケーションデータを保存するパス C:\Documents and Settings\username\Application Data\FreeCAD /home/username/.FreeCAD
UserParameter ユーザに紐付いたアプリケーションデータを保存するファイル C:\Documents and Settings\username\Application Data\FreeCAD\user.cfg /home/username/.FreeCAD/user.cfg
SystemParameter アプリケーションに紐付いたデータを保存するファイル C:\Documents and Settings\username\Application Data\FreeCAD\system.cfg /home/username/.FreeCAD/system.cfg
UserHomePath カレントユーザのホームディレクトリのパス C:\Documents and Settings\username\My Documents /home/username

コマンドライン引数

User config entries
設定変数名 概要
LoggingFile ログを出力する場合は 1 1
LoggingFileName ログ出力するファイル名 C:\Documents and Settings\username\Application Data\FreeCAD\FreeCAD.log
RunMode これはメインループがどのように機能するかを示します。 '"Script"'指定されたスクリプトが呼び出された後、終了されることを意味します。 '"CMD"は、コマンドラインインタプリタを実行します。 '"Interenal"は、内部のスクリプトを実行します。 '"GUI"は、GUIイベントループに入ります。 '"Module"は、Pythonモジュールをロードします。 "Cmd"
FileName 内容は実行モードに依存します
ScriptFileName 内容は実行モードに依存します。
Verbose FreeCADの冗長レベル "" or "strict"
OpenFileCount コマンドライン引数として開くことができるファイル数 "12"
AdditionalModulePaths CMDラインで指定された追加モジュールのパス "extraModules/"

システム関連

User config entries
設定変数名 概要 MSでの例 Posix (Linux)での例
AppHomePath FreeCADがインストールされているディレクトリ c:/Progam Files/FreeCAD_0.7 /user/local/FreeCAD_0.7
PythonSearchPath 検索モジュールのPythonパスのリストを保持しています。これは、起動時にある、実行中に変更することができます

いくつかのライブラリは、システム環境変数を呼び出す必要があります。時々、FreeCADのインストールに問題があることがありますが、いくつかの環境変数が存在しないか、または誤って設定されていることが原因です。そのため、いくつかの重要な変数は、Configに複製され、ログファイルに保存されます。

Python に関連した環境変数:

  • PYTHONPATH
  • PYTHONHOME
  • TCL_LIBRARY
  • TCLLIBPATH

OpenCascade に関連した環境変数:

  • CSF_MDTVFontDirectory
  • CSF_MDTVTexturesDirectory
  • CSF_UnitsDefinition
  • CSF_UnitsLexicon
  • CSF_StandardDefaults
  • CSF_PluginDefaults
  • CSF_LANGUAGE
  • CSF_SHMessage
  • CSF_XCAFDefaults
  • CSF_GraphicShr
  • CSF_IGESDefaults
  • CSF_STEPDefaults

システムに関連した環境変数:

  • PATH

ビルドに関連した情報

下記の表は、ビルドバージョンに関する利用可能な情報を示しています。それのほとんどは、Subversionリポジトリからのものです。以下のものは、正確にバージョンを再構築するために必要です!

User config entries
環境変数名 概要
BuildVersionMajor ビルドのメジャーバージョン番号。src/Build/Version.h 内で定義されています。 0
BuildVersionMinor ビルドのマイナーバージョン番号。src/Build/Version.h 内で定義されています。 7
BuildRevision ビルド時のSVNリポジトリのソースリビジョン番号。SVNが作成します 356
BuildRevisionRange 変更の範囲 123-356
BuildRepositoryURL リポジトリのURL https://free-cad.svn.sourceforge.net/svnroot/free-cad/trunk/src
BuildRevisionDate 上記リビジョンの日付 2007/02/03 22:21:18
BuildScrClean チェックアウト時からソースが変更されていることを意味しています Src modified
BuildScrMixed Src not mixed

ブランド関連

これらの構成エントリはFreeCADのブランディング機構に関連しています。詳細はブランディングを参照してください。

User config entries
設定変数名 概要
ExeName ビルドの実行可能ファイルの名前。 FreeCADの異なるmain.cppのが使用されている場合、利用することができます。 FreeCAD.exe
ExeVersion スタートアップ時に全てのバージョンを見せる V0.7
AppIcon アプリケーションにMainWindowで示している実行に使用されるアイコン "FCIcon"
ConsoleBanner コンソールモードでプロンプトが表示するバナー
SplashPicture スプラッシュスクリーンに使用されるアイコンの名前 "FreeCADSplasher"
SplashAlignment スプラッシュウィンドウのテキスト配置 Left"
SplashTextColor スプラッシャーのテキストの色 "#000000"
StartWorkbench スタートアップ後に自動的に実行するワークベンチの名前 "Part design"
HiddenDockWindow そのうち無効になる(セミコロンで区切られた)ドックウィンドウのリスト "Property editor"
ご利用可能な言語: Flag-es.jpg Flag-fr.jpg Flag-it.jpg Flag-ru.jpg