Source documentation/jp

From FreeCAD Documentation
Jump to navigation Jump to search

FreeCADのソースはDoxygenを使って自動でhtmlのドキュメントを生成できるようにコメントがされています。

FreeCADの最新のSVN版を追従したい人、C++部分を読むことに挑戦する人がソースを読んでまず思うのはまるで強固な要塞でも見ているようだ、ということでしょう。どこから始まってどこで終わっているのか見当もつかないし、どこから手をつけたらいいかもわからないでしょう!

Wikiに加えてソースドキュメントを読むことでその感覚が緩和され、取っ掛かりを見つけて、数十ものファイルやディレクトリを簡単に見通せる様になることを願っています。

ソースドキュメントのビルド

Doxygenをインストールしてあればドキュメントのビルドは非常に簡単です。FreeCADビルド用のディレクトリに移動してCMakeでソースを設定した上で次のコマンドを実行します:

make DevDoc

その後でDoc/SourceDocu/html/index.htmlから始まる結果のhtmlファイルを調べてください。 (注意:DevDocターゲットは自動ツールビルドでは有効になっていません)

その性質上、ソースドキュメントは常に作業進行中状態にあります。よく起きることですが必要がある時にはためらわずに再ビルドを行なってください。もし明らかな不備を見つけた場合には遠慮無くフォーラムに投稿してください(注意:CMakeビルドプロセスでしか全体のチェックは行われていません)。

またこれとは別にこのドキュメントは折を見て生成されては、sourceforgeのここでアクセス可能な状態で置かれています。

Coin3Dドキュメントの統合

UNIX系ではCoin3DのソースドキュメントをFreeCADのものとリンクすることが可能です。 これを行うと移動が楽になり、またCoin派生クラスの継承ダイアグラムを作成できます。

  • Debianとそこから派生したシステムの場合:
- パッケージlibcoin60-docをインストール
- ファイル /usr/share/doc/libcoin60-doc/html/coin.tag.gzを展開
- ソースドキュメントを再生成
オフラインでのブラウジングができます。
  • もしCoinのドキュメントパッケージをインストールしたくない/できない場合、設定時(wget)にDoxygenタグファイルがダウンロード可能であればdoc.coin3D.orgにあるオンラインのCoinドキュメントへのリンクが生成されます。
ご利用可能な言語: Flag-en.jpg Flag-es.jpg Flag-fr.jpg Flag-it.jpg Flag-ru.jpg