PySide/ja

From FreeCAD Documentation
Jump to navigation Jump to search
This page is a translated version of the page PySide and the translation is 45% complete.
Outdated translations are marked like this.
Other languages:
Bahasa Indonesia • ‎Deutsch • ‎English • ‎Türkçe • ‎español • ‎français • ‎italiano • ‎polski • ‎português • ‎română • ‎svenska • ‎čeština • ‎русский • ‎日本語

PySide

PySideはクロスプラットフォームのGUIツールキットQtのPythonバインディングです。 FreeCADはPython内部のすべてのGUI(Graphic User Interface)目的にPySideを使用します。 PySideは、以前にFreeCADによってGUIに使用されていたPyQtパッケージに代わるものです。 PySideはより許容されるライセンスを持っています。 違いの詳細についてはPySideとPyQtの違いを参照してください。

PySide in FreeCAD with Qt5

FreeCAD was developed to be used with Python 2 and Qt4. As these two libraries became obsolete, FreeCAD transitioned to Python 3 and Qt5. In most cases this transition was done without needing to break backwards compatibility.

Normally, the PySide module provides support for Qt4, while PySide2 provides support for Qt5. However, in FreeCAD, there is no need to use PySide2 directly, as a special PySide module is included to handle Qt5.

This PySide module is located in the Ext/ directory of an installation of FreeCAD compiled for Qt5.

/usr/share/freecad/Ext/PySide

This module just imports the necessary classes from PySide2, but places them in the PySide namespace. This means that in most cases the same code can be used with both Qt4 and Qt5, as long as it imports PySide.

PySide2.QtCore -> PySide.QtCore
PySide2.QtGui -> PySide.QtGui
PySide2.QtSvg -> PySide.QtSvg
PySide2.QtUiTools -> PySide.QtUiTools

The only unusual aspect is that the PySide2.QtWidgets classes are placed in the PySide.QtGui namespace.

PySide2.QtWidgets.QCheckBox -> PySide.QtGui.QCheckBox

PySide information

FreeCADのユーザは、多くの場合、内蔵のインタフェースを使用してすべてのことを達成します。 しかし、操作をカスタマイズしたいユーザのために Python Scripting Tutorialで文書化されているPythonインターフェースがあります。 FreeCAD用のPythonインターフェースは、優れた柔軟性とパワーを持っていました。 そのユーザとの対話のために、PythonとFreeCADはPySideを使用します。これはこのページで文書化されているものです。

Pythonはコードを与える 'print'ステートメントを提供します。

print 'Hello World'

Pythonのprint文では、見た目や振る舞いを制御できるのは限られています。 PySideは、不足しているコントロールを提供し、Pythonの組み込み機能では不十分な環境(FreeCADマクロファイル環境など)も処理します。

PySideの機能は次のとおりです。

PySideScreenSnapshot1.jpg

to:

PySideScreenSnapshot2.jpg

彼らは主題を3つの部分に分け、PySide、PythonそしてFreeCAD内部への露出のレベルによって区別しました。最初のページには概要と背景資料があり、PySideとそのまとめ方について説明していますが、2ページ目と3ページ目は、ほとんどが異なるレベルのコード例です。

その意図は、問題に取り組むユーザがコードを簡単にコピーして自分の作業に貼り付け、必要に応じてそれを修正し、FreeCADによる問題解決に戻ることができるように、関連ページがPySideを実行する単純なPythonコードを提供することです。うまくいけば、彼らはPySideの質問に対する答えを探すためにインターネットを越えて追いかけに行く必要はありません。同時にこのページは、Web上で利用可能なさまざまな包括的なPySideチュートリアルと参照サイトを置き換えることを意図していません。