FreeCAD Build Tool/jp

From FreeCAD Documentation
Jump to navigation Jump to search

FreeCAD build tool または fcbt は、以下の場所にあるpythonスクリプトです。

trunc/src/Tools/fcbt.py

このスクリプトは、FreeCADのビルド時、配布時、拡張時の煩雑なタスクを単純化するのに使われます。

使用方法

Pythonを正常にインストールすると、"fcbt"を以下のコマンドで呼び出すことができます。

python fbct.py

あなたが使いたいタスクのメニューを表示します。:

FreeCAD Build Tool
 Usage:
    fcbt <command name> [command parameter]
 possible commands are:
  - DistSrc         (DS)   Build a source Distr. of the current source tree
  - DistBin         (DB)   Build a binary Distr. of the current source tree
  - DistSetup       (DI)   Build a Setup Distr. of the current source tree
  - DistSetup       (DUI)  Build a User Setup Distr. of the current source tree
  - DistAll         (DA)   Run all three above modules
  - NextBuildNumber (NBN)  Increase the Build Number of this Version
  - CreateModule    (CM)   Insert a new FreeCAD Module in the module directory

 For help on the modules type:
   fcbt <command name> ?

プロンプト入力時に、呼び出すコマンドの省略形を入力します。例えば、 モジュール作成は、"CM"を入力します。

DistSrc

"DS"コマンドは、現在のソースツリーの ソース配布パッケージを作成します

DistBin

"DB"コマンドは、 現在のソースツリーの バイナリ配布パッケージを作成します

DistSetup

"DI"コマンドは、 現在のソースツリーの セットアップ配布パッケージを作成します

DistSetup

"DUI"コマンドは、 現在のソースツリーの ユーザセットアップ配布パッケージを作成します

DistAll

"DA"コマンドは、 "DS", "DB" と "DI" を順番に実行します。

NextBuildNumber

"NBN" コマンドは、 新しいバージョンのFreeCADを作成するために、 ビルドナンバーを増やします

CreateModule

"CM"コマンドは 新しいアプリケーションモジュールを作成します

Available translations of this page: Flag-es.jpg Flag-fr.jpg Flag-it.jpg Flag-ru.jpg